堀 智行 院長の独自取材記事 ≪2話≫ / ひかりクリニック東京(東京都渋谷区)

2022.02.03

≪2話≫

◇最近、在宅医療の「指導医」を取得されたのは何か思うところがあったのですか?

在宅医療に認定専門医があること自体しらない先生方も意外といると思います。
私も在宅医療の常勤として本格的に勤務を始めた当初は知りませんでした。
勤務を始めて3年目ごろに実績を5年積むと受験資格が得られることを知り、在宅医療認定
専門医を取得することにきめました。
今後、在宅医療は更に増えてくると思われます。新たな医師の活躍の場として入職を検討
する若い先生方の指導にも生かしていけると思い指導医を取得しました。
また、新たにご入職されてくる先生方にも「在宅医療認定専門医」を取得しやすい環境も
整えられたことも大きい収穫です。
ひかりクリニックには、複数のクリニックがあるので「研修プログラム」も組める環境も
整っています。
早くに医局を出られた方や、医局に在籍しない方も「在宅医療認定専門医」が短期間で取
れるということは、一つの考え所であったり、検討するポイントにもなるかと思います。

◇在宅医療が未経験の先生方にはどの様にされているんですか?

最初は、一緒にまわって同行してもらう場合もありますし、入職前に往診同行を希望され
る方もいて、実際に現場をみて回ってから入職される方もいらっしゃいます。
当院では、訪問診療に看護師も一緒に同行してます。慣れた看護師が隣にいるので未経験
の先生方にも強い味方となっています。クリニックと施設の間に立つスーパーバイザーや
周りのバックアップ体制も充実しているので心配はいらないと思います。

 

(取材日:2021年12月14日)

≪3話≫へ続く…